頑張れって言葉が嫌い

広告

日曜日の午後いかがお過ごしでしょうか?シブーンです。

今回ようやくブログが書ける時間を設けることが出来たので更新できることを私自身、嬉しく思います。5月は多忙でブログを更新できませんでしたが、6月は余裕があれば更新していきたいです。さて本題に移りましょう。

 

突然ですが私、「頑張れ」って言葉がとても嫌いです。

 そもそも「頑張れ」ってどういう意味でしょう?

 

1 困難にめげないで我慢してやり抜く。
2 自分の考え・意志をどこまでも通そうとする。我 (が) を張る。
 

と二つの意味を持つそうです。世間一般的には前者ですよね。ただ後者を見て頂きたい。頑張れという言葉の裏の顔を見てしまった感じで、頑張れ!と言われる度にモヤモヤするのですよ。とても安易な言葉だなとも感じます。何か辛いことがあれば頑張れ。人を励ますの時も頑張れ。頑張れってかなり都合のいい言葉だよね。今では「頑張れプチ恐怖症?」で頑張れという言葉に対しかなり敏感になりました。そんなプチ恐怖症のおかげで分かったことがあります。ふと周りを見渡すと頑張れって使っている人かなり多い。別に悪いことではないですが、私の考えは頑張れ以外の言葉で表現することを意識すると自分の言葉の引き出しが多くなり普段の会話により一層華が出て、毎日が面白くなるのでオススメです。私も最近意識してますが都合のいい言葉を封印すると言葉の表現力が豊かになるので試してみてね。 

最後に。。皆さん日々過ごしていれば頑張れと言いたくなる場面ありますよね?どうか、頑張れの一言で済ませないで欲しい。こんな偉そうなことを言える立場の人間ではないですが、発言に気を配れる人間はタフだし美しいと感じるのが私の考えです。色々な言葉を使いこなせる人間になれるように日々精進していきたい。

(写真は利尻富士です)

f:id:shibu-drum246:20170604143035j:plain